intdash Automotive Pro

自動車向け遠隔データ収集ソリューション

intdash Automotive Pro サービス概要

intdash Automotive Proは、 intdash をバックエンドシステムとした、自動車計測向けのSaaSパッケージングです。専用の車載装置と、CANデータを取得するインターフェース機器、クラウドシステム、データ可視化・管理アプリケーションをワンストップでご提供します。
バックエンドシステムのintdashは、リアルタイムストリーミングと、データの永続化を同時実現し、多様な形式のデータを同時に扱うことができます。

データ収集ワークフローの画期的な改善

従来のデータロガーを使ったワークフローでは、計測機器のデータをHDD等のデータディスクに保存、管理し、それらを各計測地点から回収していました。 回収したディスクからPCへデータをコピーし、複数ソースのデータを活用しやすくするための準備として、タイムスタンプを揃えるなどの、後加工処理が必要でした。 intdash Automotive Pro では、計測時にCANやGPS、ビデオデータなどの、複数の計測機器のタイムスタンプを統合し、クラウドサーバーへリアルタイムに自動でアップロードします。これにより、ディスク回収の手間や時間を削減できます。また、タイムスタンプを揃えるなどの、これまで属人的な作業であったデータの後加工処理も不要になり、作業時間を短縮できます。データはクラウドにあるので、複数拠点から同時にアクセス可能です。

Auto Pro System

intdash Automotive Proは、自動車開発のデータ計測における、次のような課題を解決します。

データ収集に時間がかかる

リアルタイムに、データをクラウドへ送信し、収集できます。

データを整理するのに、時間と手間暇がかかる

車載装置でタイムスタンプを揃えたデータを送信するので、すぐに利用できるデータを提供します。

計測しながら、リアルタイムにモニタリングしたい

収集中のデータをライブストリーミングで閲覧可能です。 専用のアプリケーションをインストールする必要なく、ブラウザさえあれば閲覧可能な、可視化Webアプリケーションをご提供します。

多拠点でデータを共有したい

クラウドをベースにしたシステムなので、計測中から多拠点でデータを共有可能です。

導入によるコスト削減メリット

ワークフロー改善によるコスト削減

  • 回収からデータ利用までの時間的コスト(1週間〜1ヶ月以上)を削減
  • データ整理にかかる研究開発人件費を削減
  • データ回収のオペレーションコストを削減(海外、複数拠点でメリット大)

システム構築する際のコスト削減

  • クラウドシステムをゼロから設計・開発しなくてよい
  • 車両データ計測に最適化された、ハードウェアとソフトウェア、クラウド サービスを自社開発
  • 高価な汎用機材を組み合わせてシステムを構築するより、圧倒的にコスト効率が良い
  • 日本国内の主要自動車メーカー各社に採用されている稼働実績

intdash Automotive Pro 概要動画

当ソリューションの概要を動画でご紹介しております。

intdash Automotive Proは、車両データ計測に最適化された、ハードウェアとソフトウェア、クラウド サービスをワンストップでご提供し、お客様の開発DXを推進します。

AutoProシステム構成図

Terminal Systems

遠隔・自動・リアルタイムデータ計測を実現する車載ターミナルシステム

VTC-1910

NEXCOM VTC 1910 APPLIANCE (Intel Atom E3815)

  • 複数のCANバス上のデータを同時計測可能 (最大4系統)
  • RAWデータのロギングとクラウドへのサンプリングデータ送信を同時処理
  • IG連動による自動計測対応
  • ジャイロ/加速度など各種デジタル/アナログセンサの統合入力も可能
  • モバイル通信モジュール、GPSユニット内蔵
  • カメラ連動によりJPEG/動画などの撮像が可能

計測現場をサポートするユーティリティ

Terminal Config

  • ブラウザベースの設定ツール
  • PCから車載ターミナルへWifi/LAN接続
  • 車載ターミナルの状態確認
  • 送信データのサンプリング設定
  • 送信データのフィルタ設定

intdash Terminal App

  • 車載ターミナルへBLE接続
  • 車載ターミナルの状態を監視・確認

CAN-USB Interface

2チャンネルのCANバスに対応するCAN-USBインターフェイス

  • 2チャンネルのCANバスに対応
  • CANデータに対するタイムスタンプ処理が可能
  • 複数の機器による信号同期
  • 外部計測装置などとの信号同期

intdash(クラウドサービス)

リアルタイムストリーミングと、データの永続化を同時実現し、多様な形式のデータを同時に扱うプラットフォーム

バックエンドシステムの intdash は、リアルタイムストリーミングと、データの永続化の、同時実現を目指して設計されています。そのために、独自のデータストリーミング向けプロトコルである、 iSCP(intdash Streaming Control Protocol) を開発、採用しています。 モバイル回線などの、不安定なネットワーク環境で瞬断が発生した場合にも、自動的なデータの回収シーケンスによって、伝送できなかったデータを車載装置側に一時保存し、回線復活時に自動的に再送信します。これにより、発生したデータを取りこぼすことなく、サーバへ完全回収することができます。多様な形式のデータを同時に扱う前提で設計されたシステムのため、CAN に加えて動画や音声などが混在したデータ計測にも対応します。データ収集時にタイムスタンプを付加するため、すべてのデータに対して時間軸が揃った状態でデータを回収できます。

Data Visualizer

直観的でデザイン性に優れたブラウザベースのユーザーインターフェイス

  • データのストリーム再生、解析グラフ、CSVダウンロードなど、データ解析に必要な機能を提供
  • リアルタイムデータの閲覧/ 蓄積データの解析を多拠点のユーザーから同時アクセス可能

ブラウザがあればどこでも - 美しいデータ可視化

HTML5を駆使し、ブラウザベースのUIを提供。ドラッグ&ドロップの直感的な操作により、ユーザー自身が簡単にダッシュボードを作成し様々な切り口でデータを可視化することが可能

  • 様々なビジュアルパーツによるデータ可視化
  • 各種統計グラフ(ヒストグラム、散布図等)
  • リアルタイム統計表示
  • 2D・3Dモデルによるデータ表示
  • 動画データの読み込み
  • 動画データと計測データの並列・バックグラウンド表示
  • CANデータベース(dbcファイル)によるバイナリデータの物理値化
  • GPSデータのマップマッピング
  • 車両のフリート表示
  • 地図への軌跡表示
  • 地図データと計測データの並列・バックグラウンド表示
  • 地図上の軌跡に対してイベント表示(エラー、しきい値等)

Mobile Application

スマートフォン内蔵の9軸センサー/GPSセンサー/カメラデータを計測・アップロードするアプリケーション


motion-store
  • センサー/動画データのリアルタイム送信
  • 計測をローカル保存し、後からアップロードも可能
  • 車両に固定し、簡易車両計測にも利用可能
  • プラグインアプリ(Motion Plugins)との連携

プラグインを利用して、様々なセンサーデータをワイヤレスに intdashサーバーへ送信可能

資料リンク

Automotive Pro 評価ガイド(PDF:14.6MB)

ターミナル設定マニュアル(PDF:6MB)

CAN-USB Interfaceマニュアル(PDF:1.7MB)

intdash Automotive Pro 機材紹介と設置イメージ