Products

イノベーションを加速する産業IoTミドルウェア/ サービス製品紹介



intdash


intdash-logo

世界最高速レベルの双方向データストリーミングを実現するエクストリームIoTフレームワーク

intdashは、100ミリ秒∼1ミリ秒間隔程度の高頻度で発生する時系列データを品質保証のないネットワークを経由して、高速・大容量かつ安定的にストリーミングするための双方向データ伝送プラットフォームです。

詳細を見る


Visual M2M


logo-vm2m

「Visual M2M」はaptpodアプリケーションのブランド総称です。



Visual M2M Data Visualizer

「intdash」をバックエンドとした直観的な可視化Webアプリケーションです。豊富なビジュアライゼーションパーツを用意し、ユーザー自身が簡単に組み合わせることで好みのダッシュボードを構成することができます。産業機器特有の制御データ、センサーデータ、音声や動画といった様々なデータのリアルタイムデータや過去データを可視化することが可能です。

詳細を見る




Visual M2M Motion for iOS

スマートフォン内蔵の9軸センサー、GPS、カメラなどを利用したデータ計測を可能にするスマートフォンアプリケーションです。収集データをリアルタイムにクラウドへ送信すると同時に、スマートフォンのローカルに保存することが可能です。例えば自動車の車内に固定して計測を行うことで、車両挙動の把握や動画の収集を手軽に行うことができます。また、intdash Automotive Proの車載装置(ターミナルシステム)と連動することで、CANデータなどのデータ収集とタイムスタンプ同期を行いながら計測を行うことが可能です。


Automotive Pro


自動車産業におけるデータ計測・解析までのワークフローをワンストップで提供するSaaSソリューション

intdash Automotive Proはintdashをバックエンドシステムとした自動車計測向けのSaaSパッケージングです。専用車載装置である「Terminal Systems」に「Synchronized CAN Transceiver」および「Visual M2M Motion」を組み合わせることでデータのタイムスタンプ統合を実現し、多様な計測を可能にします。Webベースのダッシュボードアプリケーション 「Visual M2M Data Visualizer」により、データの可視化、解析やリアルタイムデータのモニタリングを支援します。また、オプションのintdash Analytics Servicesにより、解析データ変換、レポート処理、機械学習などを実装することが可能となります。

詳細を見る


Hardware



Synchronized CAN Transceiver (SCT)

車両データ計測における2チャンネルのCANバスに対応するCAN-USBトランシーバーです。SCTのタイムスタンピング機能により、CANデータに対するタイムスタンプ処理が可能です。また複数のSCTの信号同期を可能とするインターフェイスにより、統合タイムスタンプ処理が可能となります。SCTはAutomotive Proの専用車載装置である「Terminal Systems」にUSB接続して使用します。