News

aptpodの最新ニュースをお届けします


アプトポッド、インテル、東京アールアンドデー 電気自動車向けにビッグデータを利用するソリューションの開発で協力

株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元 淳一)、インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉田 和正)、株式会社東京アールアンドデー(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:小野 昌朗)は、本日、電気自動車(EV)向けのビックデータを利用するソリューションの開発で協力すると発表しました。3社は、CAN(Control Area Network)上の情報、IA(インテル・アーキテクチャー)採用の車載端末やタブレット機器のGPS情報を活用して、車両の状態を遠隔リアルタイムで モニタリングしたり、電気バスの乗客向けデジタル・サイネージの実現など、IAに基づくビッグデータ活用のソリューション開発を目指します。

東京アールアンドデーは、タクシーや路線バス、配送用トラックなど、業務用車両を中心としたEV向けの技術を開発しています。同社は、アプトポッドと共 同でEV向けの車両データ・リアルタイム管理やエネルギー・レポートを行うIA採用の車載システムを開発しています。本日、東京都内で開催されたソフト ウェア開発者会議“インテル® ソフトウェア・イノベーション・フォーラム”において、IA採用の車載システムとビッグデータを利用した遠隔リアルタイム・モニタリングのデモンストレー ションを行いました。このソリューションは、沖縄県が取り組む沖縄スマートエネルギーアイランド基盤構築事業において、沖縄市内に導入された電気バスに採 用される予定です。

本ソリューションは、数10ミリ秒単位でCAN上を流れる約350項目におよぶ大量の車両データやGPS情報などをIA採用の車載システムでリアルタイ ム圧縮処理を行い、クラウド上にデータをアップロードします。車両側から送出されたデータは、管理端末においてHTML5の活用により、2D/3Dなど高 度な可視化を可能にしています。大量のデータを多彩な表現方法でダイナミックに可視化することにより、さまざまな車両情報を有効に活用できるように設計さ れています。

本ソリューションによるリアルタイムデータのモニタリングと過去データの分析は、EVを構成する機械装置の致命的故障の抑止を支援し、故障時の原因特 定、経済性評価、バッテリーの劣化測定などへの活用を可能にします。3社は、IA採用の車載システムとクラウドの利用で、業界に新たな提案を行ってまいり ます。

株式会社アプトポッド 代表取締役 坂元 淳一のコメント
当社はアジャイルソフトウェア・プロトタイピングを提案し、スマートフォンからクラウドシステムまで幅広いアプリケーション開発をワンストップで提供し ています。昨今では電気自動車をはじめとするM2M(Machine to Machine)のリアルタイム処理に取り組んでおり、UI開発においてはHTML5等の最新Webテクノロジーを積極的に採用しております。M2Mシス テムでは数ミリ秒のデータ処理を要求されるなど、送出側、クラウドシステム、UIクライアントに至るまで、エンドツーエンドにおけるすべてのマシン側への パフォーマンス要求が飛躍的に高まっている事を実感しています。そうした中、インテル・アーキテクチャーはソフトウェアによる表現を飛躍的に押し上げる基 盤となることを確信しています。

インテル株式会社 代表取締役社長 吉田 和正のコメント
新たな価値を創造するためには、ハードウェアからソフトウェア/サービスまで含めたEnd to Endのソリューションを提供する必要があります。インテルは、最先端の半導体技術によるインテル・アーキテクチャーの強化と革新的な製品展開を進め、 ICTの利活用を通して人々に優しい環境を構築しています。今回の3社の協力を通し、次世代の自動車開発でも世界をリードする革新的な技術が日本から生ま れてくることを期待しています。

株式会社東京アールアンドデー 代表取締役社長 小野 昌朗のコメント
当社は創業以来30年にわたり、系列に属さない独立研究開発専門会社として広く自動車業界のクライアントに向け研究開発事業を展開しております。昨今で は我が国を深刻なエネルギー問題が取り巻く中、様々なスマートシティ構想への取り組みが全国で実施され、改めて電気自動車の存在意義が浮き彫りになってお ります。そうした背景のもと、VCUやBMUなどといった車両やバッテリーそのもののコンピューターシステムをクラウドシステムに直結し、社会情報システ ムの一部として機能する必要性が出てまいりました。当社では今後開発する電気自動車に対し積極的にICTソリューションを統合してまいります。車両から出 力される大量かつ高速なデータ処理を実現する上で、インテル株式会社の協力の下、インテル・アーキテクチャーの高いパフォーマンスを最大限に活用したソ リューションを提供してまいります。

アプトポッドについて
アプトポッド(http://www.aptpod.co.jp) はスマートフォン、HTML5など最新のWebテクノロジー、クラウドシステムに至るまでエンドツーエンドのソフトウェア開発を行っています。昨今では自 動車、エネルギー分野などにおけるM2Mのビックデータを処理/可視化するためのシステム/ミドルウェア開発を手がけています。

インテルについて
インテルは、革新的なコンピューティング技術で世界をリードする企業です。インテルは、仕事や生活で利用される様々なコンピューティング機器の基礎となる重要な技術を開発しています。インテルに関する情報は、http://www.intel.co.jpで入手できます。

東京アールアンドデーについて
東京アールアンドデー(http://www.tr-d.co.jp)は、自動車の研究開発を専門としています。電気自動車、ハイブリッド自動車をはじめ量産車両、研究車両、競技車両、ショーモデル、各種部品、周辺機器、関連システムの開発など幅広い事業を手がけています。

* インテル、Intelロゴは、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。