News

aptpodの最新ニュースをお届けします


アプトポッドが第三者割当による総額6.6 億円の資⾦調達を完了

ファストデータの⾼速処理、リアルタイム双⽅向データストリーミング技術による⾰新的な産業IoT の実現を⽬指す。

株式会社アプトポッド(東京都新宿区:代表取締役 坂元淳⼀)はSBI インベストメント株式会社、みずほキャピタル株式会社、SMBC ベンチャーキャピタル株式会社の各社が運営管理するファンド、及びスパークス・グループ株式会社が運営する未来創⽣ファンドを引受先とする総額6.6 億円の第三者割当増資が完了した事をお知らせ致します。
アプトポッドではこれまで、⾃治体や省庁、国内⼤⼿⾃動⾞メーカー等の研究開発部⾨を中⼼に遠隔地でのデータ計測(テレメトリ)やカーエレクトロニクスや⾞両通信制御(テレマティクス)などの分野等での採⽤実績を積み重ねてきました。
これらの知⾒を活かす事で、「ファストデータ」と呼ばれる膨⼤かつ短周期な⾼精細データを⾼速で収集し、解析やアプリケーションへのデータ活⽤までをサポートするシステムを提供することが可能となります。
今回の資⾦調達をスタート地点として、広い分野での活⽤提案を視野に⼊れた、⼤規模プロジェクトや⼤⼿企業・団体からの、新たなご要望やグローバル展開へ対応していきたいと考えております。
今後これに向けた⼈材採⽤の強化および製品機能の拡充、新たな研究開発に注⼒し、⾰新的な産業IoT の実現に向けて邁進して参ります。

■第三者割当増資の概要
SBIインベストメント株式会社をリードインベスターとする総額6.6億円の第三者割当増資が完了。引受先は以下の4社が運営管理するファンドとなっております。
・SBIインベストメント株式会社
・未来創⽣ファンド(スパークス・グループ株式会社を運営者とし、トヨタ⾃動⾞株式会社、株式会社三井住友銀⾏はじめ計19社(2017年1⽉末時点)が出資)
・みずほキャピタル株式会社
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社

プレスリリース
20170308_corp.pdf