intdash_logo

世界最高速レベルの双方向データストリーミングを実現するエクストリームIoTフレームワーク

2017年春 リリース予定

Products Top > intdash Beta

intdashとは


intdashは自動車、産業機器、ロボティクスの制御ネットワーク、ウェアラブルセンサーなどのエッジネットワーク、遠隔操作端末、ユーザーインターフェイスなどの間でやり取りされる1/100秒、1/1000秒などといった短周期データをモバイル回線を介して、リアルタイムに、確実に、そして双方向に伝送するための超高速IoTハブフレームワークです。 intdashにより、制御、操作、可視化などといったエッジ間をつなぐ、超低レイテンシーのミクロデータの双方向ストリームを実現し、これまでの常識を超越したIoTシナリオを創出します。

高速性・双方向性・リアルタイム性・データ完全性を兼ね備えたファストデータPaaSのフルアセット






intdashによる新たなシナリオ


 産業機械の遠隔操作、リプレイ操作

 ロボットの同時遠隔制御

 自動車制御情報の遠隔診断

 自動車や産業機械の遠隔自動故障予測

 海外で稼働する自動車や産業機械のリモートデータロギング

 高周波数なバイタルセンシングによる遠隔医療

 ウェアラブル6軸センサーなどによるスポーツ挙動計測とリアルタイム遠隔コーチング

intdashの特長


intdashはサーバーサイドのPaaSフルアセットとEdgeモジュールで構成され、高速な双方向データストリームとインテリジェンスなデータ処理を実現するためのあらゆる機能が実現されています。


 intdashソフトウェアプロトコルによる短周期データストリーミング

※特許出願中

 通信プロトコル依存(HTTP, MQTT、WebSocketなど)では実現できないストリーミング技術

 超軽量データ伝送処理

 リアルタイム性と欠損保全、データ順列保持の両立

 超高速な時系列データのインバウンドとアウトバウンドを支えるAPIとデータストア

 モバイル経由での短周期データの超リアルタイム伝送

 LTEモバイル通信環境時における片道(エッジ→サーバー)35ミリ秒、往復(エッジ→サーバー→エッジ)70ミリ秒の超低レイテンシーの実現(当社実測)

 リアルタイムでのデータストリームハブ

 Edge to Edgeの挙動伝達

 One to manyの同時ストリーム

 インターネット越しのリアルタイム遠隔制御

 リアルタイムでのインターネットを介した直接遠隔操作の実現

 操作データによるリプレイ

 欠損なきデータ伝送

 モバイル網における通信欠損に対するデータ補完

 リアルタイムインテリジェンス

 リアルタイムストリームと機械学習による成長型データ予測モデルの実現

 ・成長型制御モデルの構築

 ・成長型正常系モデルの構築と異常検出

 様々なIaaSで稼働可能

 Microsoft Azure

 Amazon EC2

 IBM Softlayer 他

intdashの遠隔制御デモンストレーション近日公開