Development

開発者向けのツールと公開リソース

intdash SDK for Python

intdash SDK for Pythonはintdashサーバ上の時系列データや各種リソースにアクセスするためのクライアントライブラリです。これを用いて、intdashをバックエンドに使用したアプリケーションを、簡単に作成することができます。また、SDKを用いて作成した各種加工処理や数値計算処理を、Jupyter Notebookなどのサードパーティツール上で実行することで、intdashサーバ上の各種リソースをインタラクティブに操作するなど、拡張シナリオを構築することが可能となります。

ユースケース
  • Jupyter Notebookなどのインタラクティブ環境からのintdashサーバーへのアクセス
  • Pythonによるアプリケーション開発
  • 機械学習のためのデータパイプラインコードの開発
提供方法と公開リソース
Tech Blog
techblog-ogp

intdashを活用したシステム開発

techblog-ogp

intdash SDK for PythonとGluonCVで深度推論を動かしてみた

intdash SDK for Edge Device (intdash Edge Agent)

intdash Edge Agentは、intdash Edgeの基本機能を提供するエッジデバイス用のエージェントソフトウェアです。ユーザーは、接続するデバイスに応じたプラグインであるDevice Connectorを実装するだけで、様々なデバイスをintdashに接続することができます。このソフトウェアを使用すれば、intdash Edge が提供する自動再送、データ流量の制御といった、エッジ側の基本機能を利用したクライアントアプリケーションを、最小限の追加実装で開発することが可能となります。

対応プラットフォーム
  • AMD64 アーキテクチャー上の Linux OS
  • Raspberry Pi 上の Raspbian
  • NVIDIA Jetson 上の NVIDIA L4T
ユースケース
  • Raspberry Piなどを用いた簡易デバイスの開発
  • Linux OSが動作する各種産業用コンピュータへのポーティング
  • 任意のセンサー、制御ネットワークからのデータ入力処理ソフトウェアのカスタム開発
提供方法と公開リソース
Tech Blog
techblog-ogp

intdashを活用したシステム開発

Visual Parts SDK for VM2M Data Visualizer

Visual Parts SDK は、Webベースの可視化用ダッシュボード Visual M2M Data Visualizerの可視化用パーツ「ビジュアルパーツ」を開発するためのSDKです。

Visual Parts SDKによってユーザー自身によるオリジナルパーツの開発を可能にし、マップ表現や様々な機器やセンサー固有の可視化に対応した自社IoTシステム/サービス向けのUIアプリケーションの提供を可能にします。

ユースケース
  • 車両や建設機械などのフリート監視アプリケーション
  • ロボットなど固有製品の3D表示によるリアルタイムモニタリングアプリケーション
  • 自社ハードウェア製品をベースにしたIoTサービスのユーザー向けアプリケーション
提供方法と公開リソース
Tech Blog
techblog-ogp

Visual Parts SDK を使ってフリートマップを作ってみた

intdash SDK for Swift

intdash SDK for Swiftは、intdashサーバ上の時系列データや各種リソースに、Swiftを用いてアクセスするためのクライアントライブラリです。これを用いて、intdashをバックエンドに使用したiOSアプリケーションを、簡単に作成することができます。intdash SDK for Swiftでは、iPhone、iPad、Mac用のアプリケーションを開発することができます。

また、本SDKには「Motion Plugins 」の開発を支援する各種データのパーサとフォーマッタ、および「Motion Plugins」を開発する際の参考となるサンプルコードも含まれています。

ユースケース
  • iPhone のカメラから取得した映像データを intdash にストリーミングする
  • iPhone の9軸センサーから取得したセンサーデータを intdash にストリーミングする
  • intdash から受信した映像データを iPad ストリーミング再生する
  • intdash から受信したセンサーデータを iPad 上で可視化するダッシュボードアプリケーションを開発する
提供方法と公開リソース
Tech Blog
techblog-ogp

intdash SDK for Swiftを公開しました

intdash Media SDK for Swift

intdash Media SDK for Swift は、intdash SDK を用いたiOSアプリ開発を行う際に、各種圧縮コーデックの取り扱いを簡単にする補助ライブラリです。intdash SDK for Swift と併用することで、H.264/AVCやH.265/HEVCなどの映像コーデック、AACやOpusなどの音声コーデックについての高度な専門知識を持たないデベロッパでも、簡単に圧縮コーデックを使用した高効率伝送を実現できます。

ユースケース
  • iPhone のカメラから取得した映像データを高圧縮コーデック H.264/AVC を用いてストリーミングする
  • iPhone のマイクから取得した音声データを高圧縮コーデック Opus を用いてストリーミングする
  • 高圧縮コーデック H.265/HEVC でストリーミングされてきた映像データを iPhone で再生する
提供方法と公開リソース

※ ご契約頂いたお客さまへ都度ご提供しております。詳しくは営業担当までお問い合わせください。