Development

開発者向けのツールとリソース

Python SDK (2020秋リリース予定)

Python SDKはintdashサーバ上の時系列データや各種リソースにアクセスするためのクライアントライブラリです。Python SDKを使用することで、intdashをバックエンドに使用したクライアントアプリケーションを、Pythonを用いて作成することができます。また、Python SDKを用いて作成した各種加工処理や科学技術計算処理を、Jupyter Notebookなどのサードパーティツール上で実行することで、intdashサーバ上の各種リソースに対してインタラクティブに加工処理を実施するなど、拡張シナリオを構築することが可能となります。

Edge Agent (2020年秋リリース予定)

Edge Agentはintdash Edgeの基本機能を提供するエッジデバイス用のエージェントソフトウェアです。このソフトウェアを使用することにより、ユーザは、接続するデバイスに応じたプラグインであるDevice Connectorを実装するだけで、様々なデバイスをintdashに接続することができます。このソフトウェアを使用すれば、intdash Edge が提供する自動再送、データ流量の制御といった、エッジ側の基本機能を利用したクライアントアプリケーションを、最小限の追加実装で開発することが可能となります。