scloll down

down
Products Top > Automotive Pro

intdash Automotive Proは自動車産業における車両CAN(Controller Area Network)データ及びセンサーデータのデータロギング、データ管理、可視化・解析などのワークフローをクラウドシステムをベースにワンストップで実現するSaaSソリューションです。





ご導入のメリット


Data Visualizer

直観的でデザイン性に優れたブラウザベースのユーザーインターフェイス

  • データのストリーム再生、解析グラフ、CSVダウンロードなど、データ解析に必要な機能を提供
  • リアルタイムデータの閲覧/ 蓄積データの解析を多拠点のユーザーから同時アクセス可能

ブラウザがあればどこでも 美しいデータ可視化

HTML5を駆使し、ブラウザベースのUIを提供。ドラッグ&ドロップの直感的な操作により、ユーザー自身が簡単にダッシュボードを作成し様々な切り口でデータを可視化することが可能

  • 様々なビジュアルパーツによるデータ可視化
  • 各種統計グラフ(ヒストグラム、散布図等)
  • リアルタイム統計表示
  • 2D・3Dモデルによるデータ表示
  • 動画データの読み込み
  • 動画データと計測データの並列・バックグラウンド表示
  • CANデータベース(dbcファイル)によるバイナリデータの物理値化




  • GPSデータのマップマッピング
  • 車両のフリート表示
  • 地図への軌跡表示
  • 地図データと計測データの並列・バックグラウンド表示
  • 地図上の軌跡に対してイベント表示(エラー、しきい値等)

Terminal Systems


遠隔・自動・リアルタイムデータ計測を実現する車載ターミナルシステム

  • 複数のCANバス上のデータを同時計測可能 (最大4系統)
  • RAWデータのロギングとクラウドへのサンプリングデータ送信を同時処理
  • IG連動による自動計測対応
  • ジャイロ/加速度など各種デジタル/アナログセンサの統合入力も可能
  • モバイル通信モジュール、GPSユニット内蔵
  • カメラ連動によりJPEG/動画などの撮像が可能

計測現場をサポートするユーティリティ



Terminal Config

  • ブラウザベースの設定ツール
  • PCから車載ターミナルへWifi/LAN接続
  • 車載ターミナルの状態確認
  • ブラウザベースの設定ツール
  • 送信データのサンプリング設定
  • 送信データのフィルタ設定


Terminal Status Viewer

  • 車載ターミナルへBLE接続
  • 車載ターミナルの状態を監視・確認

Synchronized CAN Transceiver

車両データ計測における2チャンネルのCANバスに対応するCAN-USBトランシーバー




  • 2チャンネルのCANバスに対応
  • CANデータに対するタイムスタンプ処理が可能
  • 複数のトランシーバーによる信号同期
  • 外部計測装置などとの信号同期

Mobile Application

スマートフォン内蔵の9軸センサー/GPSセンサー/カメラデータを計測・アップロードするアプリケーション


  • センサー/動画データのリアルタイム送信
  • 計測を保存しておいて、後からアップロードすることも可能
  • 車両に固定して簡易に挙動と動画収集が可能
  • タイマースタート・ストップ機能



  • 車載ターミナルと連動することで、CANデータなどのデータ収集とタイムスタンプ同期を行いながら計測を行うことが可能